こまつ座

  • こまつ座|トップページ
  • 公演情報
  • オンラインチケット
  • 短信
  • こまつ座ブログ
  • the座とグッズ
  • 井上ひさしとこまつ座
求人情報はこちら

〒111-0052
東京都台東区柳橋1-30-5-503
TEL:03-3862-5941

1-30-5-503 Yanagibashi
Taito-Ku Tokyo, 111-0052
JAPAN
TEL:03-3862-5941

Copyright (c) 2013
KOMATSUZA All Rights Reserved.

短信|NEWS

『たいこどんどん』3月3日(土)前売開始!
こまつ座第121回公演
『たいこどんどん』
作 井上ひさし
演出 ラサール石井
出演
柳家喬太郎 窪塚俊介
有薗芳記 木村靖司 俵木藤汰 野添義弘 森山栄治
小林美江 酒井瞳 新良エツ子 武者真由 あめくみちこ
2018年5月5日(土・祝)〜20日(日)
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
入場料8,500円(全席指定・税込み)
U-30 5,000円 ※観劇時30歳以下
前売開始日 2018年3月3日(土)

【スペシャルトークショー】
★5月6日(日)1:00公演後 ラサール石井(演出家・俳優・劇作家)― 井上ひさしの言葉と向き合って ―
★5月9日(水)1:00公演後 柳家喬太郎×窪塚俊介×あめくみちこ
 ※アフタートークショーは、開催日以外の『たいこどんどん』のチケットをお持ちの方でも
  ご入場いただけます。ただし、満席になり次第ご入場を締め切らせていただくことがございます。
 ※出演者は都合により変更の可能性がございます。
『父と暮せば』2018年6月上演決定!
『父と暮せば』2018年6月上演決定!

父と娘の「命」の会話が
新たなキャストでよみがえる―

こまつ座第122回公演
『父と暮せば』
作:井上ひさし
演出:鵜山 仁
出演:山崎 一、伊勢佳世

2018年6月 俳優座劇場
前売開始:2018年4月予定

【出演にあたってのコメント】
<山崎一さん>
恐らく井上作品の中で最も有名な作品であり、
かつ最高傑作でもあるこの作品に出演させて頂くことは大変な光栄であり、
また同時に大きなプレッシャーでもあります。
しかし未熟ながら全力を尽くそうと思っています。
なぜなら、この作品はいま上演されなければならない作品だと思うからです。
どうか温かい目で見て下さい。
そして出来れば多くの人に「今」観て欲しいのです。
人間が同じ過ちをまた繰り返さないためにも!

<伊勢佳世さん>
尊敬する役者さん達が演じられてきた「父と暮せば」。
お話を頂いた時は、嬉しさよりも身の引き締まる思いになりました。
これまで、こまつ座では戦争を題材にした作品を二作品演らせていただき、
その度に、戦中の作品を演じることの難しさを感じていました。
今作もその難しさはひとしおですが、愛おしく、大切に挑もうと思っています。
初めて共演する山崎一さんと、どんなコンビになるのか、私自身、一番ワクワクしております。

公演案内をご希望の方には、前売に先立ち、先行販売のご案内をお送りいたします。
こまつ座03-3862-5941まで。
文化庁芸術祭大賞受賞のご報告
平成29年度(第72回)文化庁芸術祭演劇部門・関東参加公演の部にて
こまつ座が「大賞」を受賞いたしました。

受賞対象:『きらめく星座』の成果
受賞理由:
太平洋戦争前夜までの一年間を、東京・浅草の小さなレコード店一家を
舞台に描いた井上ひさしの音楽劇である。
栗山民也演出により主要キャストが再演、アンサンブルは抜群で
「歌うことは生きること」「言葉を扱う発信者側と受信者側の責任」など、
井上が込めたメッセージはさらに深化し、優しく現代の私たちに訴えた。

こまつ座第120回記念公演『きらめく星座』にご来場のお客様をはじめ、
お力添えいただきましたすべての皆様に心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。
朗読「母と暮せば」と父・井上ひさしを語るトーク
第8回したまち演劇祭in台東に、今年も参加いたします。
井上麻矢による「母と暮せば」の朗読と、父・井上ひさしを語るトークの二部構成です。

第一部:朗読「母と暮せば」(「小説 母と暮せば」より抜粋)
構成・演出:田中麻衣子 音楽:国広和毅

1948年8月。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、
3年前に原爆で死んだ息子・浩二が亡霊となって現れる。
その日から浩二は、時々伸子の前に現れるようになる。
ふたりはまるで浩二の生前のようにたくさんの話をする。
そんな時間は奇妙だけれど歓びに満ちてもいた。
その幸せな時間は永遠に続くようにも思えたが―――。

第二部:父・井上ひさしを語るトーク
---------------------------------------------------------------------
日程:2018年1月28日(日)
開演:14:00 開場13:30
会場:水月ホテル鷗外荘(上野)
出演:井上麻矢(こまつ座)
料金【全席自由】:1,000円
台東区内中高生は無料(要申込み・学生証提示)
問合せ・申込み:
したまち演劇祭事務局(Tel.090-2663-2014)
台東区文化振興課(Tel.03-5246-1328)
---------------------------------------------------------------------
『シャンハイムーン』サイド席および補助席 12月10日(日)発売のお知らせ
こまつ座&世田谷パブリックシアター『シャンハイムーン』につきまして
一般発売日の12月10日(日)午前10時より、サイド席および補助席を
以下の通り発売いたします。

【席種・料金】
Sサイド席(1階・2階)8,600円※1
Aサイド席(3階)6,500円※1
S席(注釈付)8,600円※2
A席(注釈付)6,500円※2
補助席 8,600円

※1 演出の都合上、一部見づらい場面がございます。あらかじめご了承ください。
※2 落下防止の手すりが視界に入る可能性があるお席です。あらかじめご了承ください。

【チケット取扱い】
こまつ座
03-3862-5941
こまつ座オンラインチケット

世田谷パブリックシアターチケットセンター
03-5432-1515(10:00-19:00年末年始を除く)
※発売初日は窓口での販売はありません

世田谷パブリックシアターオンラインチケット
https://setagaya-pt.jp/ (PC・スマホ)
https://setagaya-pt.jp/m/(携帯)
「こまつ座のパズル」正解発表!
第120回記念公演『きらめく星座』公演中に劇場ロビーにて開催しました
「こまつ座のパズル」の正解を発表いたします!

【正解】(順不同)
・頭痛肩こり樋口一葉
・父と暮せば
・きらめく星座
・シャンハイムーン
・マンザナ、わが町


ちなみに...
それぞれの演目の間違えやすい箇所をこっそりとお伝えします。
・『父と暮せば』の「暮せば」は送り仮名で「ら」が入りません。
・『マンザナ、わが町』には「、」が入ります。

こまつ座オリジナルグッズプレゼント当選者の発表は、
発送をもってかえさせていただきます。(年内中に発送予定です。)

たくさんのご応募ありがとうございました!
『シャンハイムーン』全国公演決定!
『シャンハイムーン』兵庫公演、新潟公演、びわ湖公演、豊橋公演、金沢公演の詳細は下記の通りです。

【兵庫公演】
 ■兵庫県立芸術文化センター
 2018年3月14日(水)13:30/18:30
      15日(木)12:00
 お問合せ:0798-68-0255(芸術文化センターチケットオフィス)
 ※10:00〜17:00/月曜休み/祝日の場合翌日

【新潟公演】
 ■りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場
 2018年3月18日(日)13:30開演
 前売開始:12月22日(金)
 お問合せ:025-224-5521(りゅーとぴあチケット専用ダイヤル)
 ※休館日を除く11:00〜19:00

【びわ湖公演】
 ■滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール
 2018年3月21日(水・祝)12:00/17:00
 お問合せ:077-523-7136(びわ湖ホールチケットセンター)
 ※10:00〜19:00/火曜日休館、休日の場合は翌日)

【豊橋公演】
 ■穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール
 2018年3月23日(金)18:30開演
     3月24日(土)12:00/17:00開演
 前売開始:12月9日(土)
 お問合せ:0532-39-3090(プラットチケットセンター)
 ※休館日を除く10:00〜19:00

【金沢公演】
 ■金沢歌劇座
 2018年3月31日(土)14:00開演
 お問合せ:076-260-8000(北國新聞読者サービスセンター)
 ※10:00〜18:00(平日)
こまつ座&世田谷パブリックシアター『シャンハイムーン』12月10日前売開始
こまつ座&世田谷パブリックシアター
『シャンハイムーン』
作:井上ひさし
演出:栗山民也
出演:野村萬斎 広末涼子 鷲尾真知子 土屋佑壱 山崎一 辻萬長

2018年2月18日(日)〜3月11日(日) 世田谷パブリックシアター
一般発売:2017年12月10日(日)

『藪原検校』のタッグ第2弾!
魯迅と日本人との交流を描いた評伝劇の最高峰。

業務提携のお知らせ
このたび、こまつ座代表・井上麻矢がプロダクション尾木と、
こまつ座所属俳優・辻萬長がワタナベエンターテインメントとの業務提携を開始いたしました。
こまつ座と両社の得意分野を活かし、幅広く活動して参ります。
今後とも変わらぬ支援を賜りますようお願い申し上げます。
「the座」電子書籍版 配信開始
1984年(昭和59年)、従来の演劇雑誌や公演パンフレットの枠をこえて、
広くは人間と文化を考える雑誌として「the座」を創刊いたしました。
このたび小学館より、在庫切れとなっていた創刊号から順次、電子書籍版が配信されます。

2月19日配信
創刊号:頭痛肩こり樋口一葉
2号:ユートピア

3月18日配信
3号:日本人のへそ
4号:きらめく星座

4月15日配信
5号:國語元年
6号:イーハトーボの劇列車

5月20日配信予定
7号:泣き虫なまいき石川啄木
8号:花よりタンゴ

以降毎月第3金曜日、各回2冊ずつ配信されます。各号800円+税です。
詳しい購入方法は、各電子書店のサイトにてご確認ください。
ページトップへ

run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...