こまつ座

  • こまつ座|トップページ
  • 公演情報
  • オンラインチケット
  • 短信
  • こまつ座ブログ
  • the座とグッズ
  • 井上ひさしとこまつ座
求人情報はこちら

〒111-0052
東京都台東区柳橋1-30-5-503
TEL:03-3862-5941

1-30-5-503 Yanagibashi
Taito-Ku Tokyo, 111-0052
JAPAN
TEL:03-3862-5941

Copyright (c) 2013
KOMATSUZA All Rights Reserved.

公演情報 |PROGRAM

  • 過去の公演情報はこちら

現在公演中の作品と今後公演予定の作品をご紹介いたします。

たいこどんどん

好評前売中!
道楽者の若旦那、連れは気の良いたいこもち。
江戸を飛び出して北の果て、帰郷の思いを心に灯し、流れ流され9年間。
歌に踊りにお座敷芸。時代を超える大喜劇。
演出家・ラサール石井がついに井上戯曲に挑む!


薬種問屋の跡取り息子と連れ立つ幇間。
馴染みの女郎の奪い合い、売って売られた喧嘩の果てに、江戸から北へ流亡の果ての生き地獄。
抱腹絶倒・奇想天外・驚天動地―――。
主従二人が陸奥からめざした先はなつかしきお江戸のはずだったのに...?!
「......桃八、お前とまた旅がしたいよ。」
駆け出し幇間の桃八に稀代の人気噺家・柳家喬太郎、商家の若旦那に窪塚俊介を迎え、
こまつ座出演は20年ぶりのあめくみちこ、そして変幻自在の俳優陣が二人の旅路を翻弄する。
監修、出演を経てついにこまつ座初演出、ラサール石井の新演出で23年ぶり初めての再演!

世の中と歩調を合わせる、という生き方は奴隷の生き方である。
われわれは世の中の主体である、という考え方は、いいかげん捨てた方がいい。
わたしたちはそれの客体なのだ。対立物なのである。
〜中略〜 とにかくこれからはそういう客体としての生き方に切り替えていった方がよかろう。
でないと体制(おかみ)の方針が、はれんちに右や左へ変るたびに、
清之助のように、わたしたちはいつも茫然自失を専売特許にしていなければならなくなる。
―――井上ひさし

公演日程・チケット情報

父と暮せば

2018年4月7日(土)前売開始
こまつ座「戦後"命"の三部作」の
記念すべき第一作。
魅力あふれる新しい俳優を迎え堂々上演。


あの被爆者たちは、核の存在から逃れることのできない
二十世紀後半の世界中の人間を代表して、
地獄の火で焼かれたのだ。
だから被害者意識からではなく、
世界五十四億人の人間の一人として、
あの地獄を知っていながら、「知らないふり」をすることは、
なににもまして罪深いことだと考えるから書くのである。
おそらく私の一生は、
ヒロシマとナガサキとを書きおえたときに終わるだろう。
この作品はそのシリーズの第一作である。
どうか御覧になってください。

―――井上ひさし
公演日程・チケット情報
ページトップへ