こまつ座

  • こまつ座|トップページ
  • 公演情報
  • オンラインチケット
  • 短信
  • こまつ座ブログ
  • the座とグッズ
  • 井上ひさしとこまつ座
求人情報はこちら

〒111-0052
東京都台東区柳橋1-30-5-503
TEL:03-3862-5941

1-30-5-503 Yanagibashi
Taito-Ku Tokyo, 111-0052
JAPAN
TEL:03-3862-5941

Copyright (c) 2013
KOMATSUZA All Rights Reserved.

公演情報 |PROGRAM

  • 過去の公演情報はこちら

現在公演中の作品と今後公演予定の作品をご紹介いたします。

イヌの仇討

11月23日(土)前売開始
果たして吉良上野介は本当に悪者だったのか...
歴史の死角で眠っていた物語が今、再び。



時代の真実は虚偽と嘘だらけ。
果たして、吉良上野介は本当に悪者だったのか、
赤穂浪士は本当に義士なのか、忠臣蔵は本当に美談なのか...
歴史のからくりと人間のドラマ、
現代を鋭く見つめる井上戯曲の神髄が東憲司の手によって再び!


思えば、あの白髪の品のいい老人が気の毒でならぬ。
ある日、些細なことを根にもたれ、いきなり切りつけられたばかりか、
あげ句の果てには殺されて、壮大な貴種流離譚のために、
三百年間、悪く言われっ放しのあの老人を、
私はときどき手を合わせて拝みたくなる。
――――井上ひさし
公演日程・チケット情報

きらめく星座

2019年12月14日(土)前売開始
迫りくる軍歌の音。遠ざかる敵性音楽(ジャズ)。
忍び寄る戦争の影―
暗闇の中で光を求めもがくのは、
いつの時代も"きらめく庶民たち"だった。



戦後75年の今が"戦前"にならぬよう祈りを込めて...。
時代を彩った『月光値千金』・『燦めく星座』・
『一杯のコーヒーから』・『青空』などの流行歌と共に、
魅力溢れるキャスト陣を迎え、
名匠・栗山民也の手により堂々の上演。


ごく普通の人間のごく普通の生活を
キチンと描けば観客が腹を抱えて笑い、
ポロポロ涙を流してくださる。観客の笑いと涙、
これは戯曲を書く人間にとって最大、最高の勲章です。
これが昭和庶民伝三部作そもそもの始まりです。
これはいわば私戯曲のようなもの。
戦争の影が日ごとに色濃くなっていた昭和15年、
太平洋戦争開戦の前年、東京・浅草の
小さなレコード店に集う人々を通して描いた作品です。
描く時代は決して明るいものではありませんが、
各場にちりばめられた当時の流行歌に載せて描かれた物語は、
涙と笑いに満ち満ちた懐かしい香りのするものなのです。

――――井上ひさし
公演日程・チケット情報
ページトップへ