こまつ座

  • こまつ座|トップページ
  • 公演情報
  • オンラインチケット
  • 短信
  • こまつ座ブログ
  • the座とグッズ
  • 井上ひさしとこまつ座
求人情報はこちら

〒111-0052
東京都台東区柳橋1-30-5-503
TEL:03-3862-5941

1-30-5-503 Yanagibashi
Taito-Ku Tokyo, 111-0052
JAPAN
TEL:03-3862-5941

Copyright (c) 2013
KOMATSUZA All Rights Reserved.

公演情報 |PROGRAM

  • 過去の公演情報はこちら

現在公演中の作品と今後公演予定の作品をご紹介いたします。

日の浦姫物語

前売券好評発売中
―禁忌の愛にゆれる、日の浦姫の半生を描く平安一大絵巻―

2019年、「井上ひさしメモリアル10」の第5弾として、井上ひさしが文学座、
杉村春子への当て書きで書き下ろした初期戯曲『日の浦姫物語』を、
こまつ座で初上演する。演出には近年ますます円熟味の増す鵜山仁。
日の浦姫の少女時代から老境までを演じるのは、
『國語元年』('15)、『私はだれでしょう』('17)での好演も記憶に新しい朝海ひかる。
宿命の愛に翻弄される稲若と魚名の二役に、
同じく『私はだれでしょう』で'17年前半期の読売演劇大賞優秀男優賞候補に名前を連ねた平埜生成。
そして辻萬長、毬谷友子がストーリーテラーである説教聖夫婦を演じる。
重厚な俳優陣とスタッフを迎え贈る日の浦姫の生涯を巡る一大絵巻!


「グレゴリオ伝説や『選ばれし人』や『今昔説話抄』をもとに、
自分も近親相姦物語を書いてみようと思い立ったのは、
六ヶ月を外地で過し、羽田に帰着した瞬間だった。
せまい国土に大勢の人間、ひとつのことば、ひとつの文化、
そしてひとつの中央(天皇と呼びかえてもよいが)、
日本人はみんなそれぞれ近親者のように似ている。
ここは近親相姦的社会なのだ。(中略)
 己の心の底にあった、
というよりここ数年間で心の底に発見した近親相姦的感情のもろもろを懺悔したくて、
この芝居を書いた、そして観客はわたしの告解僧である」

――――井上ひさし
公演日程・チケット情報

組曲虐殺

前売券好評発売中
数々の演劇賞に輝く、井上ひさし最後の戯曲。待望の再演。


蟻一匹殺せないような内気でやさしい青年が、
なぜ29歳で死を迎えたのか。
井上ひさしと栗山民也と小曽根真が生み出した、
明るさと笑いと涙に包まれた小林多喜二の音楽評伝劇。
井上芳雄、神野三鈴、山本龍二、そして高畑淳子らオリジナルキャストに、
上白石萌音、土屋佑壱らフレッシュな面々が加わり、新たに生まれ変わる!


母や弟や恋人や同志たちもとへ、
彼は死体となって戻ってきた。
コメカミの皮が剥ぎ取られている。
頬には錐で突き刺された穴がある。
アゴの下が刃で抉られている。
手首に足首に縄目のあとがあるのは
天井の梁から吊されて拷問されたからだ。
下腹部から大腿部にかけてが、
陰惨な渋色に変色している。
陰茎も睾丸も同じ色で、しかも、
大きく膨れ上がっている。
同志の中に医者がいて、丹念に調べた。
「この変色は、弓の折れか棍棒で、メッタ打ちに
撲りつけられてできた内出血のあとです。
錐を突き立てたような傷あとが二十近くもありますが、
これらは畳屋で使う針を突き刺して抉ったものでしょう」
右の人指し指が折れてぶらぶらしている。
『蟹工船』のような小説を、
二度と書けないようにするために、
刑事たちがへし折ってしまったのだ。
同志たちは後日の証拠のために、
何枚も写真を撮った。
おしまいに同志の千田是也と佐土哲二が、
ていねいにデスマスクをとった。

――――井上ひさし
公演日程・チケット情報

イヌの仇討

11月23日(土)前売開始
果たして吉良上野介は本当に悪者だったのか...
歴史の死角で眠っていた物語が今、再び。



時代の真実は虚偽と嘘だらけ。
果たして、吉良上野介は本当に悪者だったのか、
赤穂浪士は本当に義士なのか、忠臣蔵は本当に美談なのか...
歴史のからくりと人間のドラマ、
現代を鋭く見つめる井上戯曲の神髄が東憲司の手によって再び!


思えば、あの白髪の品のいい老人が気の毒でならぬ。
ある日、些細なことを根にもたれ、いきなり切りつけられたばかりか、
あげ句の果てには殺されて、壮大な貴種流離譚のために、
三百年間、悪く言われっ放しのあの老人を、
私はときどき手を合わせて拝みたくなる。
――――井上ひさし
公演日程・チケット情報
ページトップへ