こまつ座

  • こまつ座|トップページ
  • 公演情報
  • オンラインチケット
  • 短信
  • こまつ座ブログ
  • the座とグッズ
  • 井上ひさしとこまつ座
求人情報はこちら

〒111-0052
東京都台東区柳橋1-30-5-503
TEL:03-3862-5941

1-30-5-503 Yanagibashi
Taito-Ku Tokyo, 111-0052
JAPAN
TEL:03-3862-5941

Copyright (c) 2013
KOMATSUZA All Rights Reserved.

公演情報 |PROGRAM

  • 過去の公演情報はこちら

現在公演中の作品と今後公演予定の作品をご紹介いたします。

横浜・関内ホール 10月2日(土)1:30開演

紅花の赤、そして恵みの雨、拾い屋の徳の「残酷な運命」

人に化ける、ニセモノ、替え玉、
どんでん返しを盛り込んだ井上戯曲の傑作。
雨乞いに隠された庶民の思いと引き換えに、
一人の男が仕組まれたものとは。

東北羽前国平畠藩...そこは一面の紅花の里。
瓜二つの紅花問屋の当主になりすまそうとした江戸の金物拾いの徳
言葉、習慣を捨て、自ら証明するものを失っていく。
騙したつもりが騙されて、替え玉になったつもりの徳を待ち受けていたのは...
幕府と藩の駆け引きを背負って、紅花問屋の娘・おたかは、必死に何を守ろうとしたのか。


異なるコトバの体系へある日突然入り込んだ一人の人間が、
どのようにその異なるコトバの体系に精神を圧しつぶされていってしまうのか、
それを方言をテコに追い詰めてみようとしたかった。
―― 井上ひさし

チケットの購入はこちらから

『雨』 出演者変更のお知らせ
本公演に出演を予定しておりました金松彩夏さんは、体調不良によりやむなく降板されることになりました。
代役は、宮松ぼたんさんにつとめていただき、予定通り9月18日より上演いたします。
変わらぬご支援ご声援のほど、よろしくお願い申し上げます。
2021年9月6日 こまつ座
公演日程・チケット情報

雪やこんこん

10月23日(土)前売開始
―昭和二十八年暮れ、中村梅子一座の宝石のような二日間―

かつて庶民の希望であり、羨望の的だった「大衆演劇」
移り変わる時代に翻弄され衰退する一座。
その楽屋から漏れる光と影...そして夢。
人情・縁...人生。数々の名台詞が、舞い散る雪のように降り積もる。

女座長・中村梅子一座は、人気の老舗大衆演劇一座だった。
しかし時代はまさに戦後の娯楽ブーム。
役者は次々と去り、わずかに残った役者にも不平不満が渦を巻く。
問題山積みの一座を救おうと、座長が運命をかけて演じた一世一代の名演技。
その姿にすっかり騙され、うっとり惚れた人々の運命はいかに?

井上ひさしが昭和に手掛けた昭和庶民伝三部作、激動の時代に翻弄された愛しき庶民の姿を通して、変わらない人間の逞しさを紡ぐ。


どうしてもわたしは、中村梅子一座のことが気になるのです。――― 井上ひさし
公演日程・チケット情報

化粧二題

全国公演中

命を舞台にかけて、欠けた鏡に素顔をうつし
白粉塗る度夢を見るのは、母の姿か息子の顔か。
笑いの後に涙が一滴、可笑しくも華やかな一人芝居の二本立て。
楽屋芝居の名作があの二人で蘇る。

「お客様あっての役者」である二人の座長
捨てられた息子を演じる内野聖陽
捨てた母親を演じる有森也実

親子の絆は舞台の上。
どんなに辛い過去ですら、役に生かせと教えられた旅役者。
役者が夢を与える商売ならば、
覚悟の上に踏む板の上、たどり着いた≪幸せ≫の形とは...

観客の想像力と俳優の演技力、この二つが揃えばそれがどこであろうと そこは宇宙で唯一つの真の劇場になるだろう
――――井上ひさし


公演日程・チケット情報
ページトップへ